人材紹介キャリアコンサルタントの仕事内容とキャリアパス

転職支援 未経験者の方>人材紹介キャリアコンサルタントの仕事内容とキャリアパス

 

人材紹介会社のお客さまは、求人企業 と 求職者 です。

<企業に対する業務>

  • 求人企業への提案営業〜求人内容の取材〜
  • 人材候補者の提案〜採用までのコンサルティング業務全般

<人材に対する業務>

  • 求職者の募集
  • レジュメ読み込み
  • 面談
  • 求人紹介
  • 企業への推薦
  • 転職先が決まるためのアドバイス全般

といった業務があります。

これらの仕事を同時にいくつも動かさなければならいので、キャリアコンサルタントは多忙です。

実際、トップコンサルタントはハードワーカーが多いです。 

求人企業対応について

キャリアコンサルタントの重要な仕事の一つに「求人情報の開拓」があります。

求職者の皆様は転職先を求めてご相談にこられます。そこでご紹介できる求人案件がないときほど辛いことはありません。

 

■採用担当者との信頼関係づくり

求人企業といっても、実際にやりとりするのは企業の採用担当者という、感情ある人間です。

信頼関係が深まってくると、独占的に求人を発注していただいたり、ご推薦した人材は書類選考なしで面接してくれたり、条件の良い案件情報をいただけるようになります。キャリアコンサルタント冥利につきる瞬間ですね。

 

■新規の求人開拓の手法

求人の開拓の方法は特に決まっていません。前職の営業経験を通じて得意な方法でされるのが良いと思いますが、最もポピュラーな方法は電話営業でしょう。

業界に特化しているキャリアコンサルタントの場合は、人脈を駆使して開拓するケースが多く見られます。飛び込み営業というのはあまり聞きません。 効率が悪すぎるのでしょう。

新規開拓営業の比較的苦手な方でも電話営業だと入っていきやすいようで、初めての方でも皆さん臆することなく日常的にこなしておられます。

 

■求人票の作成

求人を受注したら、求人内容を取材します。企業が採用したい人材をイメージできるまで深く聞き込むのがポイントです。

そして、取材した内容をもとに求人票を作成します。

 

■企業と人材との円滑な調整

人材の候補者を企業にご推薦します。

面接日時の設定、条件面の交渉、入社日の調整など、求人企業とのやりとりは続きます。

採用担当者と信頼関係を築けるよう、丁寧に進行しましょう。今後の求人受注に影響してきます。

求職者対応(キャリアカウンセリング)

キャリアコンサルタントのもう一つのメイン業務として、求職者対応があります。

■転職希望者の開拓

転職希望者の開拓から始めていきます。募集媒体などを使って転職希望者を募集している会社が多いようです(職種により使用媒体も異なる) 。

 

■ 転職希望者との面談・キャリアカウンセリング

転職希望者と直接お会いし、今までのご経験や転職についてのご希望を聞きながらカウンセリングを行ないます。

 

■求人企業の選定と対策

求人企業をご紹介します。応募企業が決まれば、応募書類の作成や見直しなどのアドバイスも行ないます。

応募後は、書類選考や面接結果のフィードバック、面接の日程調整、入社日の相談、退職についてのアドバイスなども行ないます。

面接結果が不調に終わっても、求職者の希望にあう求人を開拓し、継続してフォローしていきます。

 

■絶え間ない研鑽

求職者に適切なアドバイスをするためには、職業知識やキャリア形成に関する知識が不可欠です。担当している業界の最新のマーケット情報を絶えず収集しましょう。

なお当社では、キャリアコンサルタント同士の情報交換・研鑽の場として、勉強会・セミナーを開催しています。

分業制と一気通貫制

◎企業側と人材側の両方を担当するスタイルを「一気通貫制」とか「両面担当」といいます。それに対して、企業担当と人材担当が分かれているスタイルを「分業制」と呼びます。業界では一般的にこう呼ばれています。

◎一気通貫制と分業制のどちらが良いかというと、当然それぞれにメリットデメリットがあります。またいずれのスタイルを選ぶかは、会社の考え方や営業方針に反映されやすいです。 

◎規模の大きな会社だと分業制、小規模事業所は一気通貫制でやっている場合が多いです。もちろん、併用でやっているところもあります。

◎キャリアコンサルタントの仕事をプレイヤーとして長く続けていくのであれば、当然 企業側、人材側両方の業務に精通しておく必要があります。

キャリアコンサルタントのやりがい

現職のキャリアコンサルタントの皆様に聞きました!

 

「キャリアコンサルタントのやりがいってどんなところですか?」

 

◎人の役に立つことが実感できる仕事である 

◎なかなか転職先が決まらなかった人の転職先が決まった時、この仕事やってて良かったなと思う

◎良い人材が採用できて企業の担当者から「ありがとう!」といわれた時、なんともいえない達成感を得られる

◎企業の経営者と人材の話だけでなく経営に関する話もする。こんな仕事ってそうそうないと思う。

◎何年やっても奥が深く極めるということがない。人生勉強の連続である。

◎世の中の流れがわかりやすく勉強になる。

◎営業スキルやカウンセリングスキルなどが身に付く。またコーチングやカウンセラー等、様々な知識が要求されるので奥が深くてどこまでも探究心をそそられる。

労働環境について

◎成果を問われる性質の仕事なので労働時間よりも成果が重要視される傾向にあります。

◎自己裁量の会社がほとんどなのでスケジュール調整はやりやすいと思います。

◎担当する求職者の方のご都合により、休日や夜間に面談する場合もあります。

◎朝型⇔夜型のキャリアコンサルタントもいらっしゃいます。

◎求人票を作成したりカウンセリング内容を入力したり意外と事務作業も多いです。 

◎基本的にこの仕事は人のお世話をする仕事なので、自分の都合よりも相手の都合に合わせる気持ちが重要ですね。

人材紹介コンサルタントのキャリアパス

エキスパート 生涯現役の人材紹介コンサルタントを目指します。

職業によっては、マネジメントへのキャリアパスしかない場合もありますが、人材紹介コンサルタント職は、生涯プレーヤーとしてご活躍頂ける息の長い職業です。

一生の仕事として取り組まれていらっしゃるベテランコンサルタントもたくさんいらっしゃいます。
マネジメント チームのとりまとめ、新人や部下の教育、事業の仕組みづくり、新規事業の企画・実行、組織のマネジメント、等、マネジメントキャリアを構築していくスタイルです。

人材紹介コンサルタントの仕事は、エキスパートもマネジメントも選択できる職業です。
起業 経験を積んだあと、起業される方も多いのがこの仕事の特徴です。将来の起業を目標に、頑張っていらっしゃるコンサルタントも多数いらっしゃいます。
キャリアチェンジ 人材紹介コンサルタント経験を活かし、関連業種や他業界へキャリアチェンジするコースです。

関連業種としては、事業会社の人事採用系職、ハローワークや大学キャリアセンターでのキャリアカウンセラー、再就職支援会社でのカウンセラー、求人開拓、研修講師、採用コンサルティング会社等です。

まったく異業種へキャリアチェンジされる方もいらっしゃいます。職業柄、様々な職業知識や転職ノウハウが身に付きますので、視点が広がるのだと思います。

 

【メニュー/転職支援 未経験者の方

dotline.gif
yajirushi.gif人材業界未経験からでもキャリアコンサルタントになる方法
dotline.gif
yajirushi.gif人材紹介キャリアコンサルタントの仕事内容とキャリアパス
dotline.gif
yajirushi.gif人材紹介キャリアコンサルタントに求められるスキルや経験・人物像
dotline.gif
yajirushi.gif人材紹介のビジネスモデル等
dotline.gif
yajirushi.gif人材紹介会社の種類
dotline.gif